こんなに気軽に手にはいる偽ブランド化粧品

今年の春頃のことだと思いますが、私はある用事があって、埼玉の川口市に出向くことがありました。

平日だったのですが、駅前でフリーマーケットのようなものがやっていて、なにやら一つのブースに人だかりができていました。

売られていたのは、海外のブランドものの化粧品。

結構、デパートとかで買う値段の半額以下で売られているので、私もつい安さにほだされて口紅とファンデーションを購入してしまいました。

家に帰って使ってみると、以前にデパートで購入した時とは違う使用感。

売っていた女の子も、とっても誠実そうで一生懸命、安い理由も、「好きでハワイに行った時にまとめて買ったんだけど、お金が入りようになったので泣く泣く安くさばいている」というもっともな理由だったので信用して購入したのですが、これがどうやら偽物のブランド化粧品だった様子。

まあ被害額もそれほど大きくもなかったので、あまり気にせずにいましたが、出張に行った中国の街中をみてびっくり。

普通の地下鉄のコンコースで、なんだか胡散臭いおじさんがブランド化粧品をガンガン売っているではありませんか。

しかも値段はデパートの20分の1以下。

こんなに簡単に偽物のブランド化粧品って手にはいるものなんですね…。びっくりしました。