偽ブランド化粧品に注意!

インターネット通販サイトやオークションサイトを見ていると、ブランドものの化粧品が日本の定価よりもかなり安く売られているのを目にします。

海外ブランドものが安く売られている理由は、主にそれらが「並行輸入品」と呼ばれる、正規ルートとは別ルートで仕入れた商品だからです。

正規ルートで輸入されたものと比べてサポートなどが劣る場合がありますが、それと引き換えに安く買うことができます。

ですがインターネットで安く売られている化粧品の中には偽物もあるのです。

アクセサリーやバッグなどと比べると、化粧品は偽ブランドのものの割合は比較的少ないと言われていますが、少ないと言っても残念ながら偽物もゼロではないというのが現実です。

化粧品は肌に直接付けるものですから、考えようによってはアクセサリーやバッグなどよりも偽物を使うことによるリスクは高いかもしれません。

 

化粧品の偽物による被害が一体どういうものなのか、ピンと来ない方もおられるかもしれません。

まず第一に、送られてきた品物が明らかに偽物だと分かるにもかかわらず、返品にも交換にも応じないという被害があります。

酷いものでは箱を開けたら空っぽだったが泣き寝入り、という事例もあるようです。

そして第二に、偽物だと気づかずに使用し続けた結果、肌を痛めてしまうという被害です。

偽物ではなくても、とても古いものを新品と偽って売っている場合でも、同じような被害が起こりえます。

お金は損してしまってもまた稼げば取り返しがつきますが、傷んでしまった肌は最悪の場合取り返しがつかないことにもなるかもしれません。

偽物化粧品の最大の問題と言えます。

 

では化粧品の偽ブランドものから身を守るにはどのようにすれば良いのでしょうか。

まずは国内ブランド化粧品についてです。

異様に価格が安いものには手を出さないようにしましょう。

ドラッグストアでのセール時の底値よりも安いものは、何かしらの裏があると思ったほうがよいでしょう。

そして、公式ホームページをチェックして、偽物についての情報がないか確かめるようにしましょう。

偽物が多く出回っていて被害も多い化粧品は、公式ホームページで見分け方などが詳細に書かれています。

 

次に海外ブランド化粧品についてです。

こちらも異様に安いものは警戒しましょう。

輸入元の国での価格と為替レートを比較して、あまりにも安すぎると思うものには手を出さないようにしましょう。

そして、輸入している業者の「特定商取引法に基づく表記」などに書かれている名前や住所を検索するなどして、怪しいと思ったらその業者は避けるようにしましょう。

 

国内・海外ブランドともに、口コミなどの確認は必須です。

悪い評判がないかチェックするのはもちろんのこと、あまりにも高評価ばかりのショップもやらせを疑ったほうがいいでしょう。

 

化粧品は毎日使うものだけあって、少しでも安く手に入れたいものです。

しかし、安いものには理由があるのです。十分注意して選びましょう
この文章はhttps://all-in-one-gel-cosme-no1.com/を元に書いています。